トピックス

★今月のいいな~と思った資料

★センターに届く たくさんの移住関連資料から…
第27回 スタッフ独断チョイス!!

今回は所長 井内がご紹介します☆
2017年度も上半期が終わろうとしています。
大阪センターには届く届く、新しい移住パンフレット。
今回紹介するパンフレット以外にも、たくさんあります。是非事務所へお越しください。
さて、本題です。今回お薦めする3点のパンフレットですが、テーマを決めて選んだのではなく、
これって目立つな!!ということで決めました。気楽に読んでください。

【1つめ】 「千歳じまん  移住ガイドブック」 ★北海道千歳市 (2017年3月発行)
副題は、「ようこそ!私たちが大好きな北海道でいちばん若いまち千歳へ」
★ポイント★
仕事自慢、くらし自慢、ふゆ自慢、まち自慢の4つの特集で、「千歳自慢」4連発。
それぞれの特集に移住者が登場して、千歳じまんを聞かせてくれます。
特集記事の合間にミニ知識も配置され興味深い内容です。
ふゆ自慢では寒冷地のくらし向きも分かりやすく解説。移住者目線で書かれていますね。
新千歳空港がある町なので、「北海道内でいちばん本州海外に近い。」というキャッチは、なるほどという感じがします。
北海道内の市町村パンフレットは、大阪ではなかなか手にできません。貴重な1冊というところですね。

【2つめ】  三重県玉城町・度会町・南伊勢町 「心地よい暮らしと旅の案内帖」
サニーロード誘客促進実行委員会(3町)「サニーロード169号でGO!」(2017年発行)
★ポイント★
三重県中部にある3町(玉城町、度会町、南伊勢町)が合同で作成したパンフレット。
見た目がとっても明るい感じで、地域紹介と移住者体験インタビューが掲載されています。
有名な観光地でもある伊勢市や鳥羽市の西側にある3町です。私も、その町名は記憶になかったですね。
それでも、サニーロードで結ばれた3町さんが、観光と移住を結び付けて作られたパンフレットということです。
3町を回って写真を撮ってというスタンプラリーも来年2月まで開催中だそうです。
お伊勢さんに行ったら、さらに伊勢道を南下すれば、サニーロード。是非訪ねていただきたいですね。

【3つめ】 富山県商工労働部  「富山で見つけたMy★Stage」
—Uターンで輝き始めた私—富山県Uターン就職ガイド2017」(2017年8月発行)
★ポイント★
このパンフレットは、目的・ターゲットが明確なパンフレットです。
主に県外に進学した大学生のUターンを促す目的でしょう。
Uターンした若者の体験談がベースになり、なぜ富山は暮らしやすいか、
働きやすいか、データが明らかにしていると、4Pにわたって説明が続きます。

北陸3県は、製造業も盛んで、産業集積もあり、地元志向の大学生・専門学校生には、心に響く内容になっていますね。
富山県の昨年の新規大卒者の就職率が98.2%、とか、若者の正規雇用率全国1位などの数字がならびます。
このデータ集は巻末にあり、表紙以下は10名のUターン実践者のインタビュー。
このパンフレットを見たら、富山県へのUターン者が増えることでしょう。

上記の資料は、大阪ふるさと暮らし情報センターにて絶賛配布中!

次回は・・・10月のメルマガ配信日で~