インタビュー

きっかけは、『立山』との出会い

  • 北陸エリア
  • 富山県
  • Iターン
  • 山の近く
  • 就職

移住のきっかけ

2008年。当時、岐阜県のスキー場にてシーズンアルバイトとして働いていたある日、「夏までスキーやスノーボードが滑れる、立山っていう場所を知ってる?」という仲間の一言から、全てが始まりました。
その年に、仲間と立山室堂(標高約2,450m)を訪れた時に見た雄大な立山連峰に感動し、当時趣味だったスノーボードを担いで立山の浄土山の雪上を登り、山に登ることの楽しさ、自然の素晴らしさに目覚め、立山町で暮らしたいという思いが募りました。
それからは、立山駅構内の売店や室堂で観光アルバイトをしながら室堂にて寮生活をし、山好きが高じて冬は各地のスキー場で住み込みとして働き、また春には立山へ戻ってくるという山から山への暮らしを続けていました。それほど立山との出会いは、自分の人生を大きく左右するものでした。

 

お名前酒井 恵
現在(←移住前)の職業立山登山ガイド←学生
現在(←移住前)の住まい富山県立山町←兵庫県
移住を検討し始めた年齢21歳
移住年月2008年

登山ガイドを目指した理由

初めは、登山なんて疲れるし、むしろ山なんか大嫌いでした。しかし、初めて訪れた立山で得た感動体験から、もっといろんな山に登りたい思いが募り、休みの日は仲間と共に、北アルプス周辺の山々を登りました。その時、仲間が山頂で淹れてくれた珈琲は味わいもさることながら、山ならではのもてなしが嬉しくて、自分も同じように登山に挑戦する人をもてなし、山を好きになってもらうきっかけ作りができたらと思い始めました。2014年、ずっと山に携わる仕事をしていきたいと、登山ガイド資格取得を決意。およそ5年をかけて猛勉強。途中で挫折した期間もありましたが、何とか自分を奮い立たせ、登山ガイドステージⅡ(※)を取得。2019年に立山ガイド協会に所属し、立山の女性登山ガイド第一号となりました。
(※公益社団法人日本山岳ガイド協会認定。国内で四季を通じて整備された登山道において登山ガイド行為を行う事が出来る。)

今後の目標を教えてください

現在は先輩登山ガイドのもとでアシスタントガイドとして経験を積み、日々勉強中です。富山には里山が多く、良い山がたくさんあります。そこから眺める立山連峰は言葉にできないほど綺麗です。立山ガイドだけに限らず、その麓にある里山登山も案内したい。山に登ったことがない人、特に子供たちに、一つの目標に向かって歩くこと、登山の楽しさ、頂上についた時の達成感、自然の雄大さを広めていきたいですね。
子どもたちと山を登るときは、いかに楽しく歩いてもらうかに気を配っていて、皆でロープにつながりながら歩くと「電車ごっこみたい」と大喜びして歩いてくれるんです。山のファンを増やすために日々工夫を凝らしています。

登山ガイドの資格を取得し、本格的に立山登山ガイドとして活躍することが決定した時、知り合いを通じて賃貸住宅を借り、立山町に定住することとなりました。当時、借りた家は間取り10LDKで家賃3万円でした。その3年後には知り合いから2DKで家賃5万円の賃貸住宅を紹介してもらいました。幹線道路沿いで、車も停めやすい場所のため、いずれは登山帰りのお客さんが気軽に立ち寄れる休憩所を作りたいと思い、現在の家に決めました。

富山での暮らし

移住当初はご近所となじめず、困ったこともありましたが、幸い、立山駅や室堂でのアルバイト時代からの仲間たちは皆、富山県外からの移住者が多く、よき相談相手として移住者同士の交流が現在も続いています。
春は山菜取りやホタルイカ獲り、夏はバーベキュー、秋はキノコ狩り、冬はスキー場に通いスノーボードで滑る楽しみがあり、オールシーズンで登山に出掛けるなど、四季を問わず、アクティブに過ごしています。好きなことをして生きているからとても幸せ。そして、何よりも富山は水も食べ物もお酒も美味しい。自然の恵みを間近で感じて、美味しくいただけるなんて、とっても豊かで面白い!遊びのフィールドがギュッと詰まった大好きな場所です。

移住のアドバイス

まずは富山に来てみて、美味しい水・食べ物・自然が豊かな景色をぜひ体感してほしい。山に興味があるなら、働く場所は山小屋やスキー場など、探せばいくらでもあると思います。行こうかどうしようか迷うくらいなら、まずは行動を起こしてみるといいと思います!

たくさん歩くため、登山靴は消耗が激しく、年に1回は必ず買い替えるといいます。

登山リュックの中には、山でクマに遭遇したときに役立つクマよけスプレーを常備。いざというときに身の確保をするためのロープにカラビナ、突然のけがやトラブルに対応できるように救急セットを常備しているそうです。

 

このインタビュー記事に関する各窓口のご案内

■インタビュー記事に関するお問合せ先
「くらしたい国、富山」推進本部(富山県 総合政策局 移住・UIJターン促進課)
TEL:076-444-4496
HP:http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1019/

 

■富山くらし・しごと支援センター 富山オフィス
TEL:076-411-9179
HP:http://toyama-teiju.jp/
富山県定住コンシェルジュが、とやま暮らし相談、富山現地案内、移住後の相談を行っております。
また、しごと相談員による求人開拓、企業ニーズに応じた求職情報の提供を行っております。
その他、webサイト・SNSによる移住関連イベント・ツアー情報、ローカル情報の発信を行っています。

 

■富山くらし・しごと支援センター 大阪オフィス
TEL:06-7636-6065
HP:http://toyama-teiju.jp/
移住相談員による富山ぐらしの相談、富山ぐらしの情報や体験ツアーのご案内、
経験豊富なキャリアカウンセラーによる就職相談、職業紹介、富山県内企業の求人情報の提供、
エントリーシートの添削や面接対策をサポートしています。

北陸エリア, 富山県 の セミナー・フェア

北陸エリア, 富山県 の現地イベント