インタビュー

富山の自然の中で、こだわりのモノづくり

  • 北陸エリア
  • 富山県
  • Iターン
  • Uターン
  • 農業
  • 起業

お名前松井宏平・貴子
現在(←移住前)の職業木工業・自営業(←木工業・飲食業)
現在(←移住前)の住まい富山県滑川市(←奈良・大阪)
移住を検討し始めた年齢20代
移住年月2017年・2011年

移住のきっかけ

<貴子さん>
関西の活気ある雰囲気が好きだったのと、経営学を学ぶために大阪の大学へ進学しました。在学中から飲食店の従業員として働き、卒業後には店長を任されるようになりました。朝から夜中まで、一生懸命とにかく働きました。そんな時、母親が他界したことがきっかけとなり滑川市の実家に戻ることとなりました。
<宏平さん>
大阪では、同じ大学で同級生だった貴子さんと知り合い、大学卒業後も良き友人として付き合いがありました。
貴子さんが富山へUターンし、その後交際に発展しました。そして結婚を機に、現在の滑川市にある貴子さんの実家に婿として入ることになりました。

一から身に着けた野菜作り

<貴子さん>
帰郷後、高齢の祖父の身の回りのお世話もあり、家からあまり離れないようにと、自宅そばの畑で野菜を作り、直売所などでの販売を始めました。もともと家族が家庭菜園をしていたのを幼い頃からみていましたが、本格的に野菜作りをするために、西洋野菜農家やトマト農家へお手伝いに通いながら、ノウハウを身に付けていきました。
数年後には野菜作りにも慣れ、さらに幅を広げるため、お総菜や加工品作りも始めました。
大阪在住時、飲食店店長としてメニュー開発に取り組んだ際に、地元農家さんと協力し、とれたて野菜を使ったメニュー作りにも携わってきました。 その経験から商品製造は滞りなく進み、自身の名前と富山の雪、有機野菜、イベントに出向いて行って販売するといったことから「ゆき」をとり、「たかこゆきやさい」という屋号をもち、個人事業として直売所やイベントでの出店するようになっていきました。

「たかこゆきやさい」 http://takacoyukiyasai.com/

「家族」として

<宏平さん>
大学卒業後、三重県の家財製造企業の会社員として働いてました。交際が進む中、ふたりで結婚を考えるようになり、妻の実家に婿入りを決意し、妻の家族や親戚の方と交流を重ねたのち、結婚し富山へ移住、同居することになりました。
移住後は県内の木工業の会社に就職。自宅の敷地内には、自分の知恵と技術で木工の作業所を建てました。
作業所内では、いろいろな作品を作っています。「たかこゆきやさい」の商品ケースなども制作し、現在では妻のお店に欠かせない
一品となっています。そして結婚後間もなく、子宝にも恵まれました。子育てに奮闘しながらも、壮大な立山連邦が目の前に広がる我が家にて、家族三世代のびのびと田舎暮らしをています。

<貴子さん>
現在は、子育て中心でとても賑やかな毎日を送っています。父も夫も子育てに協力してくれ、とても助かっています。
おかげで仕事にも集中でき、楽しく働くことができています。これからもずっと笑顔を絶やさない家庭でいたいです。

富山での暮らし

<宏平さん>
以前から、釣りや登山などアウトドアが趣味で、富山には何度か来ていました。移住後は更に満喫できるようになり、新天地での苦労はあまり感じなかったです。また町内の地域行事やお祭りにもよく誘われます。毎年8/13に行われる御精来(オショウライ:お盆に先祖の霊があの世から帰ってくるのを迎えるために火を焚く年中行事)では、やぐらを組む際に木工と趣味のアウトドア知識が役立ち、今では準備段階から声が掛かるようになりました。
<貴子さん>
Uターン当初は、家族との距離感に苦悩したことはありましたが、今では良い距離感を保てています。息子も2歳(2020年8月取材時)となった今は、家中を走り回って元気いっぱい。父ともよく遊んでいます。

これからの目標

<宏平さん>
ずっと続けている木工業で独立したいです。40代を目標に工房を持ち、その横に妻の飲食店をかまえ、自分の作った家具や雑貨を直接手にとってもらえるような場を二人で作りたいです。

<貴子さん>
住んでいるところも山に近く、自然が豊かなところなので、子供が自らいろいろ感じて遊びを考えたり、家族一緒に畑仕事をしながら土作りをして、種から作物を育てたり季節を感じながら生活できたらいいですね。

移住を考えていられる方へのメッセージ

<宏平さん>
富山県は街と田舎それぞれあって、街に住んでいても自然がすぐ近くにあるので、休日に趣味を楽しむには素晴らしいところだと思います。
<貴子さん>
富山県は色々な名水スポットもあり水も豊なところです。公園が広くてきれいですし、子供をのびのびと育てることが出来るとても魅力的なところです。

 

このインタビュー記事に関する各窓口のご案内

■インタビュー記事に関するお問合せ先
「くらしたい国、富山」推進本部(富山県 総合政策局 移住・UIJターン促進課)
TEL:076-444-4496
HP:http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1019/

 

■富山くらし・しごと支援センター 富山オフィス
TEL:076-411-9179
HP:http://toyama-teiju.jp/
富山県定住コンシェルジュが、とやま暮らし相談、富山現地案内、移住後の相談を行っております。
また、しごと相談員による求人開拓、企業ニーズに応じた求職情報の提供を行っております。
その他、webサイト・SNSによる移住関連イベント・ツアー情報、ローカル情報の発信を行っています。

 

■富山くらし・しごと支援センター 大阪オフィス
TEL:06-7636-6065
HP:http://toyama-teiju.jp/
移住相談員による富山ぐらしの相談、富山ぐらしの情報や体験ツアーのご案内、
経験豊富なキャリアカウンセラーによる就職相談、職業紹介、富山県内企業の求人情報の提供、
エントリーシートの添削や面接対策をサポートしています。

北陸エリア, 富山県 の セミナー・フェア

北陸エリア, 富山県 の現地イベント