トピックス

★8月のいいな~と思った資料

★センターに届く たくさんの移住関連資料から…
地域の個性あふれるホットな資料をご紹介!

第73回 スタッフ独断チョイス!!今月のいいな~と思った資料

【1つめ】■福岡県広域地域振興課■「福岡移住読本」
(発行/2021年3月)
★ポイント★
「福岡県は、あなたの移住先に立候補したいと思います」と宣言!福岡県本気出しました。
パンフでは福岡県の60市町村すべてを、お薦めポイントを押さえコンパクトに紹介。各自治体の支援制度は一覧表で分かりやすくアップされています。
「都会もいなかも、バランスよく楽しめる『福岡らしい』生活」をおくる先輩移住者の声も紹介されてます。

【2つめ】■群馬県渋川市政策創造課■「渋川でまんなか暮らしはじめませんか?」
(発行/2021年3月)
★ポイント★
群馬県は日本列島のほぼ中央に位置し、渋川市はそのまた「まんなか」にあります。平成の大合併で、市街地の旧渋川市エリアに加え、赤城山や伊香保といった景勝、保養地も市域になり、ワーケーション、サテライトオフィスにも好立地。パンフではそれら6つのエリアの特徴をピックアップ、充実した支援制度も移住希望者の皆さんをお待ちしていますよ。

【3つめ】■富山県地方創生・中山間対策室■「とやま日季2021春号」
(発行/2021年3月)
★ポイント★
この冊子では、富山に移住された方々、「富山の達人」たちの暮らしぶり、こだわりのお店の紹介、ずっと見ていたくなる四季の風景など、本当の富山の魅力を発信しています。
「富山、魚津は子育てに最高の場所だと実感」という首都圏から魚津市移住した30代のカップル、みなさんもこうした暮らしを送ってみませんか。