トピックス

★9月のいいな~と思った資料

★センターに届く たくさんの移住関連資料から…
地域の個性あふれるホットな資料をご紹介!

第74回 スタッフ独断チョイス!!今月のいいな~と思った資料

【1つめ】■長野県木曽広域連合■「KISO KURASHi vol4」
(発行/2021年8月)
★ポイント★
大阪府とほぼ同じ広さの木曽郡にはそれぞれ個性を持った6つの町と村があります。
パンフでは各町村に移住された10人の皆さんが、仕事、子育て、地域活動など、豊かな自然の中での日々の暮らし、そして移住希望者へのアドバイスを語ってくれます。
元気な地元企業の紹介ページもあるので、転職をお考えの方も必見ですよ。

【2つめ】■徳島県南部総合県民局■「阿南本」
(発行/2021年3月)
★ポイント★
徳島県南部に位置する阿南市には様々な物語があります。世代や国籍を超えた“縁”を紡ぐ居場所づくりをすすめるマネージャー、農業に適した土地を求め世界各地を訪れ、阿南で有機農業を手掛ける東京出身の元ITエンジニア。徳島に戻り、山間のまちで自家焙煎のコーヒー豆を販売するカップル。
あなたも阿南市でご自身の物語を綴ってみませんか。

【3つめ】■岡山県中山間地域協働支援センター■「おかやま元気!集落」
(発行/2021年3月)
★ポイント★
「限界集落」ではなく「元気!集落」です。岡山県には今年2月時点で65地域が登録されています。
冊子ではそのすべてをくまなく紹介。人口減少や高齢化は進んでいますが、91歳の長老はパソコンで地域の情報発信、特産品の開発や伝統行事の継承活動も活発です。
中山間地域と都市部の人々を繋ぐ活動を進める「応援団」も募集中です。