トピックス

★1月のいいな~と思った資料

★センターに届く たくさんの移住関連資料から…
地域の個性あふれるホットな資料をご紹介!

第78回 スタッフ独断チョイス!!今月のいいな~と思った資料

【1つめ】■大分県宇佐市■「宇佐で暮らそう」(宇佐市移住安心ガイド)
(2021年4月)
★ポイント★
宇佐市は北には青く広がる周防灘に臨み、南に緑豊かな山々を抱く宇佐、院内、安心院の三つのエリアからなる自然豊かな街です。そして宇佐市には移住希望者に向けての、住まいと暮らし、しごと、結婚・子育て、教育、医療・福祉など豊富な支援制度があります。パンフにそうしたサポートを活用しながら、営農、レストラン経営、愛犬との暮らしなど思い思いの宇佐での暮らしを営む先輩移住者の方々が紹介されています。

【2つめ】■ふるさと島根定住財団■「Beans vol65」(しまねUIターン情報誌)
(2021年11月)
★ポイント★
移住に関する様々なイベントを現地体験やオンラインなどで企画している島根定住財団。紙媒体での情報発信にも力を入れています。今号には全国各地から島根県にUIターンし「心地好い暮らし」をおくる5名の先輩移住者が登場。先輩たちの思いを読んでしまねでの暮らしに関心が芽生えたなら、本誌に紹介されている相談窓口や就業体験を活用しながら、ゆったりとしまねにつながってくのはいかがでしょうか。

【3つめ】■富山県■「とやま移住手帳」
(2021年10月)
富山と聞いて思い浮かぶのは、ホタルイカ?立山連峰?雪国?そうです富山は海も山もあり、そして移住者を迎え入れる温かい県なのです。パンフでは山、海、里、街で富山ぐらしを営む先輩移住者の皆さんが、移住までのステップ、移住してからの暮らし、それぞれの地域の魅力を語ってくれます。さらに富山のあれこれや移住支援制度、県内15市町村の紹介も掲載されていますので、是非ご覧ください。