トピックス

★3月のいいな~と思った資料

★センターに届く たくさんの移住関連資料から…
地域の個性あふれるホットな資料をご紹介!

第80回 スタッフ独断チョイス!!今月のいいな~と思った資料

【1つめ】■岡山県鏡野町■「KagaminoLifeofSmile」
(2021年4月)
★ポイント★
県北部の鏡野町は豊かな自然に抱かれたまちです。そうした地勢に応じた農業は、南部は稲作、果樹、北部では花きなどが盛ん。これらの担い手を県の施策ともタイアップしながら育成し、支援する施策が進められています。また津山市も通勤圏で、就職、起業にも支援策が。休日には映画の舞台にもなった奥津温泉をはじめとする出湯に浸かって骨休みするもおススメ。ハンドメイド感あふれるパンフからもまちの温かみが伝わってきます。

【2つめ】■広島県交流・定住促進協議会■「ひろしまくらしカタログ」
(2021年4月)
★ポイント★
瀬戸内から中国山地まで変化に富んだ自然がある広島県。県内23市町もそれぞれ、大都会から「ちょうどいい田舎」、農業のまちから漁業の町まで個性豊か。パンフではそれら全市町の特徴をわかりやすくプレゼン、移住で気になる「仕事」や「子育て、医療」も案内。さらに各地域で元気に働き暮らしている先輩移住者の声も紹介されており、広島移住がコンプリートされた一冊となっています。

【3つめ】■小豆島移住・交流推進協議会■「島暮らしの手引き」
(2021年4月)
★ポイント★
瀬戸内海に浮かぶ「食の宝島」小豆島、
その隣の豊島は本州、四国と橋で繋がれていない完全離島。けれども県都高松市をはじめ岡山、神戸への充実した船便で、アクセスも確保されており、観光、芸術とともに移住先としても注目が。パンフでは各地から移住して充実した島暮らしを送る「島びと」が登場、島の魅力を伝えてくれます。住まい探し、仕事探しのサポートも手厚く島暮らしを後押ししてくれるでしょう。