トピックス

★6月のいいな~と思った資料♪

★センターに届く たくさんの移住関連資料から…

第36回 スタッフ独断チョイス!!
今回は所長 井内がご紹介します☆

移住経験者が、住んでいる街を紹介するというパターンの「移住読本」3点をご紹介します。
とっつきやすい形式ですね。

【1つめ】 美濃 まち暮らし さとやま暮らし 移住読本

NPO法人美濃のすまいづくり(岐阜県美濃市):2016年3月発行

★ポイント★
2016年発行で内容が新しいというわけではありません。
かつて長良川の水運の拠点であったという「変わらない風景」と、
元気な移住者がつくりだす「変わっていく風景」という対話の中で、美濃市が紹介されています。
まず「美濃モーニング」。東海地方には、いろんなメニューの喫茶店モーニングが供されており、
美濃市のモーニング紹介から。
「地域で活動中」では、地域を盛り上げるNPOさんの活動紹介。
そして、「美濃に移り住んだひと」、移住者4組の経験談と続きます。
美濃和紙や清流長良川、変わらない風景と変わっていく風景。
移住者の居場所がしっかりと感じられます。

【2つめ】三ツ星SMILE 久留米

久留米市 移住定住促進センター:2018年2月発行

★ポイント★

「子育て」と「移住」。
ターゲットを絞った移住パンフレットですね。
福岡県久留米市が力を入れる「子育て環境」について、全面展開という感じですね。
「暮らしサポート」「医療サポート」そして、バラエティのある暮らしを提案。
移住者の経験談も掲載されています。福岡県の中でも、
結構パワーのある街という印象を持っていました。
楽しそうな家族の写真満載で、好感度アップです。

【3つめ】 東近江市物語 定住・移住ガイドブック

滋賀県東近江市:発行年記載なし

★ポイント★

平成17年に1市4町が合併して誕生した滋賀県東近江市。
関西で育った私にも、位置関係がわからなかったのですが、
琵琶湖から鈴鹿山脈まで東西に広がる街のようです。
JR琵琶湖線と近江鉄道が走っています。「物語」というネーミングも、時々見かけますが、
移住ガイドブックのネーミングとして使われると歴史や文化の香り高い街、という印象ですね。
自然・活気・子育てに絞った街の紹介と
「住む」・「働く」・「子育て」をテーマに街の良さをアピール。
そして移住者4名の移住体験で決め打ち、という構成です。
京都や大阪にも近いという利便性も語られています。
移住者が、作り出す空間も広がっているようです。


 

★次回は…7月のメルマガ配信日で~